Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

合宿免許のメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

免許をとるなら合宿免許がおすすめです。

なぜかというと、運転免許の試験は、学科は難しくなく必要な箇所を的確に覚えれば必ず合格できるからです。

もし不安なら市販の運転免許問題集を一冊読めばほぼ大丈夫です。

私は安上がりな合宿で免許を取得してよかったと思います。

スポンサーリンク

運転免許を取った後、ペーパードライバー講習に一度行けばほぼ感覚はつかめます。

合宿で免許をとって運転免許を持っている人に助手席に一緒に 乗ってもらうかすれば運転はできるようになります。

車庫入れなどは自宅で練習しないとうまくできるようにはなかなかなりません。

なのでまず免許だけ はやくお金をかけずに取得してしまうほうがコストパフォーマンスがいいのです。

とりあえず免許をとることが大事です。

あとは自分でなれた道を実際に 運転して車両感覚をつかんだりしていくと大丈夫です。

なにより合宿なら短期間で集中して練習できるというのがいいのです。

普通だと時間が空いて感覚が 鈍ってしまったりするのですが、合宿なら早く飲み込めます。

車の運転は短期集中したほうがのみこめます。

最初の3日くらいは難しくぎこちなくても、5日を過ぎると慣れてきます。あなたもまだ免許を持っていないのなら合宿で免許を取得しましょう。

合宿免許のメリットは

  • 格安
  • 短期間で教習過程が終了できる
  • カリキュラムが決まっているので予約等の面倒な作業が必要ない

等が、 デメリットとしては、

まとまった休みが必要等が思い浮かびます。

私も合宿免許を利用したのですが、土地勘がないことが困ったことの一つです。

始めての路上教習で土地勘がない道路を運転するのは結構怖いものです。

路上試験は、教官から指定された目的地まで運転するという内容でした。

目的地は、路上教習で実際に行ったことがある場所から指定されるのですが、土地勘がないとなかなか記憶に残っておらず、また教官への質問等は禁止でしたので非常に不安だったことを覚えています。

教習所によって、試験内容は異なるかもしれませんが、土地勘のない場所で合宿免許を利用する場合は、その教習所付近の地図等があれば持参し、路上教習を行った後は、スマホやパソコン等で実際に運転したコースを確認する等、自分自身で土地勘がないというデメリットを少しでもなくす努力が必要だと思います。

そうすることによって、路上試験も落ち着いて行うことができると思います。 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
すぐ入校(入学)出来る合宿免許の空き状況の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!