合宿免許 車校を最短ストレートで合格するには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

合宿免許で運転免許を取得しようと思っても、実際のところ何日かかるのかというのが気になりますね。

仕事で、免許が必要な場合や就職に免許が必要だという場合は、この「日数」が気にかかります。だらだらと免許を取得するようにしてもどうせ免許はとらないといけないことですから、

どうせならすっきりと短時間で免許を取得したいですね。

スポンサーリンク

免許に必要な時間

免許取得には技能30時間超、学科26時間程が必要です。どんなに頑張って通っても、最低1月はかかります。

教習所によっては、追加料金で短時間取得コースを設定しているところもあります。その場合は、より優先的に授業や路上教習が受けられて、通常のコースよりも待ち時間の少ない教習になるそうで、短ければ1月以内で取得することも可能になります。

しかし、もっと短い期間で免許を取りたいと考える場合は、合宿免許がいいでしょう。

合宿免許ならば最短2週間での所得が可能です。

価格が安いのは、教える技術や設備に問題があるからでは?と思われるかもしれませんが、違います。合宿免許先の教習所が作成したカリキュラムに従って効率よく勉強をさせることができる為、価格を抑えることができるのです。

自動車学校だと1週間に一度の実技などが当たり前ですが、そうすると前の講習で習ったことを忘れてしまっていることも多いので、効率が本当に悪いのです。

ところが合宿免許先では毎日効果的に運転免許が取得できるようにプログラムが組んであります。

ですから、宿泊施設も、合宿用の設備が併設されているところもあれば、近隣のホテルやスパに宿泊するパターンもあります。

遠方に旅行感覚で免許を取りに行くのも楽しい思い出になりそうです。

実際に女子はお友達とペアで旅行感覚で免許を取りに行くのが多いようですね。

最短で2週間で取得できるとはいえ、もちろん勉強をきちんとし、ストレートで合格した上での話になります。筆記テスト・所内コースでの運転テストに落ちると仮免が取得できません。さらに仮免を取得できても、筆記テストで所定のレベルの成績を収めないと免許センターでの最終テストを受けさせてもらえませんし、路上教習で問題があっても先に進めません。

全てのテストにひっかかることなく、一度で合格することが大切です。

自分の息子を合宿免許にやって免許を取得させた親としては、合宿免許をお勧めします。

実技の時に注意すること

よく注意されていたのが、車に乗る前に左右確認するのを自分ではやっていても他人にはそう見えないときもあるのです。

左右確認はすごく大げさにする。=試験官にもわかるようにすることが大事です。

運転席に座ったら、バックミラーと座席の位置を確認するのですが、自分に合っていてもバックミラーには手をふれることと、座席は足を延ばしてブレーキペダルまでの長さを確認します。

このようなことがすごく大事になってきます。

また、運転中に試験官を横に乗せるのですが、声を出して確認してもいいですね。

試験官を載せていると落ち着かずに焦る人もいるかもしれませんが、ゆっくり落ち着いてやれば合格できる力はありますから落ち着いで実技試験に臨んでくださいね。

合宿免許受付センター

合宿免許ドリーム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする